セブ島の今、現在の様子|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。

Sponsored Links
上の写真は、外出禁止命令が出た、3月16日の22時のセブ島の様子です。 コールセンター、オフィスビル、語学区学校、アヤラモール等がある24時間、眠らないと言われるITパークの様子です。ほとんど人がいません。フィリピン政府の本気度が伺えます。 フィリ フィリピン情報
Sponsored Links
Sponsored Links

現在のフィリピンセブ島の街、閉鎖学校の様子。ロックダウン。セブ島コロナ初感染者!

セブ島、セブ島、完全ロックダウン。現在の状況。検問所設置。マンダウエ、ラプラプシティ、タリサイも。

上の写真は、外出禁止命令が出た、3月16日の22時のセブ島の様子です。
コールセンター、オフィスビル、語学区学校、アヤラモール等がある24時間、眠らないと言われるITパークの様子です。ほとんど人がいません。フィリピン政府の本気度が伺えます。

フィリピンでは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する規制が徐々に厳しくなっています。セブ島の状況がどんな状況か心配されている方は、たくさんいらっしゃるんではないでしょうか?
この記事では、今現在のセブ島がどのような様子かお知らせしたいと思います。

新型コロナウイルス対策、セブ島の現在どうなってるの?

【ポイント】
●3月14日,ガルシア・セブ州知事は,セブ州における新型コロナウィルスの対策の措置を発表しました。これには,セブ州への国内空路・海路による旅客の入域制限等の措置が含まれています。その他の地方政府等においても、コミュニティ検疫措置等をとっているところがあります。
●皆様におかれましては,信頼できる情報源からの最新の情報の入手に努め,冷静に対応してください。フライト運行状況については,各航空会社等に確認してください。

(本文)
1 3月14日,ガルシア・セブ州知事は,セブ州における新型コロナウィルスの対策の措置を発表しました。その主要点を以下に記載いたしますが,詳細は末尾リンクの原文などセブ州の発表を確認願います。
(1)セブ州への国内空路による旅客の入域制限
向こう30日間,国内線空港発の旅客について,セブへの入域を拒否される。
・直ちに実施:ドゥマゲッティ市発
・3月16日午前0時1分から実施:クラーク国際空港,レガスピ市,カガヤンデオロ市発
・3月17日午前0時1分から実施:全ての国内線空港発
(2)セブ州への海路による旅客の入域制限
向こう30日間,国内港湾発の旅客について,セブへの入域を拒否される。(注:かかる規制は段階的に実施され,最終的には18日午前0時1分までの間に,国内全ての港湾発の旅客について制限される。)
(3)セブ州内の自治体において従うべきガイドライン
・午後10時から午前5時までの夜間外出を禁止。
・全てのレベルの公立及び私立学校を閉鎖。
在フィリピン日本国大使館

  • セブ州のガルシア知事は15日までに、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、17日以降の全ての国内線による入域を禁止しました。
  • セブ州内では20時から翌朝5時までの外出禁止
    買い物以外の外出は禁止になりました。さらにバランガイ(役場)より発行された許可証が必要で、一家庭一人しか許可証が出ません。
    政府関係の仕事や、生活に必須の物流に関わる仕事の人などは免除されるとのこと。
    外出禁止の免除を受けるためには許可証申請する必要があります。
  • マンダウエ市では21時から翌朝5時までの外出禁止。
  • マクタンでは22時から翌朝5時までの外出禁止
    地域によって違うようです。
  • セブ市では、3月23日より、65歳以上のお年寄りと学生の外出を禁止にしました。
    各家庭一人だけ買い物に行けます。
  • 3月25日から飲食店はデリバリーのみとなりました。
  • 大型スーパーでは、マスク着用が義務付けられました。マスクがない人は買い物もできません。マスクがない方は、バランガイで配布しています。

セブ島、完全ロックダウン。検問所設置。マンダウエ、ラプラプシティ、タリサイも。 セブ島、セブ島、完全ロックダウン。現在の状況。検問所設置。マンダウエ、ラプラプシティ、タリサイも。  セブ島、セブ島、完全ロックダウン。現在の状況。検問所設置。マンダウエ、ラプラプシティ、タリサイも。

3月27日。本日、ガルシア、セブ市長から新しい声明が出されました。

完全ロックダウン。今までのは、なんだったのか!?と言うくらい厳しい措置となっております。

至る所に検問所が設置されセブ市からは、出られないようになりました。
28日の12時から実施されると言うことです。

取り残されてしまった留学生の皆さん安全に注意し日本人会とコンタクトをとって、臨時便で日本に帰ることをお勧めします。値段は、高いですが命には代えられません。

今日のセブ島

4月3日現在、スーパーマーケット等は、品揃えも豊富にあり落ち着きを取り戻してきたように感じます。
バナナとヤクルト、ヨーグルトがコロナに効くという情報が出回りこの三点は、どこに行っても品薄です。

スーパー等も並んでいる列が少なくなりました。

4月9日にチャーター便が出るかもしれないという事です。
まだ、決定ではありません。


4月4日現在、セブ市全域に車、バイクのスペードリミットが設けられました。

セブ島の今、現在の様子|毎日更新|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。

マニラでは、違反者を撃ち殺してもいいとドテルテ大統領から、
過激な発言がありましたが、セブでは今の所、暴動等は起きていません。


4月5日(日)
日曜日でしたが、スーパーの行列もなく、落ち着いた様子でした。
警察の巡回がすごいです。友人の家からは、発砲音が聞こえた、ということでした。
ドテルテ大統領は、本気です。


4月6日(月)
(1)3月上旬,深夜1時頃,セブ市内マボロ地区の路上において邦人旅行者(男性)が,2人組女性に突如近寄られ,羽交い締めにされ,その隙に所持していた鞄から財布(パスポート,クレジットカード等入り)を詐取される羽交い締め強盗に遭った。

(2)3月下旬,夜7時頃,セブ市内マボロ地区の路上において邦人短期留学生(女性)が,友人8~9名で歩行中,走行中のタクシーが停車し,突如降りてきた2,3人組に,たすき掛けに所持していたポーチ(iPhone,財布入り)をひったくられた。

(3)3月下旬,夜7時半頃,セブ市内ITパーク地区の路上において邦人母子が,正面から歩いてきた2人組男性に,すれ違いざまに肩を掴まれ,拳銃を突きつけられ,金品を渡すよう脅されたところ,所持していた鞄(現金,カード類入り)を渡すと犯人は逃走した。

↑セブ 領事館へ報告が入っています。
(3)のITパークの事件は、衝撃的ですね。
セブで一番安全とされているITパークでこのような事件が起きると本当に治安が悪くなって来ていると感じます。


4月10日(金)
本日は、ホーリーウィーク(イースター)といこともあり、スーパーはほぼお休みです。
ロックダウンが2日のびて、4月30日までとなりました。
セブパシフィックも4月30日までフライトがキャンセルになりました。


4月11日(土)
日本へのチャータ便、4月15日(水)の運行が決定しました。
https://www.facebook.com/pg/JapaneseAssociationCebuInc/posts/
詳細は、ここへ問い合わせて下さい。


4月13日(月)
チャーター便金額は、大人$1061.15、子供$805.15です。


4月14日(火)
セブ島の今、現在の様子|毎日更新|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。

ローカルの子供達は、普通に出歩いています!
でも、みんなマスクをきちんと付けています。

現在、セブでは外に行くときにマスクをしないと、警察に注意されます。


4月15日(水)
無事日本人会のチャーター機が成田に到着しました。


4月16日(木)

セブも日本同様マスクが高値です。
フィリピン人の日給が400ペソ〜500ペソ(1000円)なので普通のフィリピン人は購入できません。
セブ島の今、現在の様子|毎日更新|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。

ついに、セブシティでも感染者がたくさん出てきてしまいました。


4月17日(金)

感染拡大に伴い、軍の方々が出動しています。
マボロ地区では、
ローカルエリアが感染者多数ということで、
戦車を置いて封鎖しています。

スーパーメトロ、町屋、ガイサノカントリーモール、お肉屋さんのパール
激混みです。
ローカルエリアで感染拡大ということで、
規制が厳しくなるとの見方からどこも激混みです!


4月19日(日)

セブ島の今、現在の様子|毎日更新|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。 セブ島の今、現在の様子|毎日更新|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。

換金所がやってなくて、日本円しか持っていない方、
ITパークのメトロの中のドラックストアの前で両替できますよ!
ぜひ、ご利用ください。


4月20日(月)

バイク、車共にナンバーにより制限です。
ますます規制が厳しくなっています。

デリバリーに影響が出ています。


4月22日(水)
5月15日まで、さらにロックダウンが延長となりました。

セブ島の今、現在の様子|毎日更新|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。

スーパーの列に並べる時間が15時までとなりました。
だんだん、短くなっています。
買い物は、午前中に行ったほうが良さそうです。


4月24日(金)

市境のチェックポイントがさらに強化されました。
デリバリーの車も通過できなくなりました。


4月25日(土)

曜日別、名字別で、
ローカルのカルボンマーケットに行ける日が、決まってしまいました。

これと、車のナンバープレートと合わせると、
ローカルマーケットへ行けなくなる人が、多数出てくると思われます。

それほど、ローカルの感染が広がっていると言うことです。


4月28日(火)
アヤラモールセブのメトロです。
相変わらず、激混みです。Rustan’sは、空いています。

 

本日からお酒の販売が許可されました。


4月29日(水)

お酒解禁!!
スーパーでもお酒解禁。

セブ島の今、現在の様子|毎日更新|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。


4月30日(木)

今日のセブ島|現在の様子|毎日更新|コロナウイルス感染者爆発ローカルエリアついに閉鎖。

ITパークのアヤラ!!

換金所があるんですが、0.425となかなかのレートの悪さ。
足元みられてる感じですね。

いつ、見に行ってもこのレートなので、
ロックダウン 解除するまでこのレートでしょう。


5月5日(火)

地区ごとにコロナの検査が始まるようです。
この検査で、衛生面や人の密集からさらに感染が広がりそうです。


5月6日(水)

5月11日、セブ→成田空港臨時特別便運航が決定

フィリピン航空が、5月11日(月)朝8時発、セブ→成田空港臨時特別便の運航を決定しました。

<チケット購入について>
場所:フィリピン航空ゴロルドオフィス
日時:5月8日・9日 9:00~17:00

ご購入をご希望の方は、こちらのフィリピン航空フォーマットに必要事項をご記入ください。
チケット購入


5月11日(月)

今日のセブ島|現在の様子|毎日更新|コロナウイルス感染者爆発ローカルエリアついに閉鎖。 今日のセブ島|現在の様子|毎日更新|コロナウイルス感染者爆発ローカルエリアついに閉鎖。

ITパーク内では、人が多くなって来ました。
今まで、デリバリーすらやっていなかった、スターバックスがテイクアウトを始めたようです。

また、コーヒーショップ等も店頭テイクアウトを始めたようで、人がたくさんいます。

5月15日にロックダウン終わるかどうかまだ発表になっていませんが、フィリピン航空は、16日のフライトをキャンセルしています。


5月12日(火)

セブシティのみ5月31日までロックダウンがのびてしまいました。


5月14日(木)

セブパシフィックが5月31日までの国内線、国際線のキャンセル発表しました。

さらに、フィリピン航空も国際線・国内線ともに,マニラ,セブ,クラーク空港を発着する定期便は5月31日まで欠航となりました。


5月19日(火)

セブ島の今、現在の様子|毎日更新|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。 セブ島の今、現在の様子|毎日更新|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。

スーパーもバランガイホールも人がたくさんいます。

経済と国民のストレスがそろそろ限界になってきているようです。
感染者は、増え続けていますが規制は、少しづつゆるくなっていると感じます。


5月22日(金)

フィリピン航空は、6月30日または7月1日までセブー日本便を運休を延長することを発表しました。

町屋マートが、5/25より、月~金の11時~17時に営業されるようです。※マスク着用必須

今日のセブ島|現在の様子|毎日更新|コロナウイルス感染者爆発ローカルエリアついに閉鎖。

海外へ出稼ぎしていた人が、フィリピンに帰省しているので感染が広がりそうです。
マンダウエ市では、新規感染者が昨日85人増えました。


5月30日(土)

JEJU航空より、セブ→仁川経由→成田もしくは、関西国際空港の特別臨時便のご提案がありました。

6/13出発予定 チェジュ航空セブー仁川ー日本(成田/関空)便 搭乗希望 お申し込みフォーム
こちらから日本人会への登場希望のリストお申込みください。


6月1日(月)

6月1日から15日までのコミュニティ隔離措置の対象地域は次のとおりになります。
一般的なコミュニティ隔離措置(GCQ)を課す地域
・マニラ首都圏全域
・イロコス地域(地域1)のパンガシナン州
・カガヤンバレー地域(地域2)全域(カガヤン州,イサベラ州,キリノ州,ヌエバ・ビスカヤ州,バタネス州,サンティアゴ市)
・中部ルソン地域(地域3)全域(アウロラ州,バターン州,ブラカン州,ヌエバ・エシハ州,パンパンガ州,タルラック州,サンバレス州,アンヘレス市,オロンガポ市)
・カラバルソン地域(地域4A)全域(バタンガス州,カビテ州,ラグーナ州,ケソン州,リサール州,ルセナ市)
・中部ビサヤ地域(地域7)全域(ボホール州,セブ州,東ネグロス州,シキホール州,セブ市,マンダウエ市,ラプラプ市)
・ダバオ市
・ザンボアンガ市
明日から規制が緩和されます。
実質ロックダウン解除です。

6月8日(月)

セブ島の今、現在の様子|毎日更新|コロナウイルス初感染者ついに閉鎖。

タクシーを見かけるようになりました。
ITパークでは、数台のタクシーが客待ちをしています。

ITパークのアヤラでは、ほとんどのお店が営業再開しています。
換金所は、1階のメトロのみ開いています。


6月10日(水)

国内線だけでなく、国際線の乗り継ぎの際も空港に入る方はHealth certificate(健康診断書)が必要になりました。
Health certificateは各市のCity Health office、もしくはBureau of quarantine(フィリピン検疫局)で取得が可能です。
Bureau of quarantineの方が対応がスムーズな可能性が高いです。
※チェジュ航空(乗り継ぎ便:セブから直接海外への渡航)に関しては、現在最新情報を航空会社および空港にて確認中ですので、分かり次第お知らせいたします。
※Travel Authorityについて・・・フィリピン航空に確認したところ、帰国する外国人に関してはTravel Authorityは現在も必要ないとのことです。
その他の航空会社は、直接お問い合わせ下さい。
——————–
国内移動を考えられている方は、今一度ご確認ください。
また、現在政府のガイドラインにより、レジャー目的の旅行は許可されていませんので、
ご注意ください。
ー必要なドキュメントー
一般人:
Medical Clearance(市から発行される診断書)
および、 Travel Authorization(国家警察庁から発行される渡航認証)の2点。
さらに、到着後渡航先にてQuarantineがある場合があります。(隔離日数は渡航先の市の決まりによって異なります。渡航先の空港や市役所などで確認する必要があります)
海外就労フィリピン人(OFW):
BOQサーティフィケーション、パスポート、居住地のID
居住地外で許可された人:会社のID、市から発行される診断書、国家警察庁から発行される渡航認証
上記ドキュメント取得は、数週間かかることが考えられます。余裕をもって、渡航計画を立てることを
おすすめします。
また、
*どの航空会社も同様の書類が求められると考えられます。詳しくは、ご利用の航空会社にお電話にてお問合せ下さい。
※今後どのような段階を経て緩和されていくのかは、いまのところ発表されておりません。

6月17日(水)

6月15日,フィリピン政府は,6月16日から30日までのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました。
セブシティは、これにより再びECQとなりました。
ロックダウン再びです。
モールも再びクローズしました。

6月23日(火)

セブでは、感染者拡大によって帰国希望者が一気に増えました。

JINAIRは、メディカルサティフィケーション・トラベルオーソリティーは不要。
JIN航空26日便
日程6月26日(金)LJ714
セブ01:10AM→仁川06:50AMLJ201
仁川08:30 AM→成田10:55AMLJ211
仁川08:50 AM→関空10:30AM

6月24日(水)

【速報】セブ市、全ての検疫パスが本日22時から無効になります。
本日(23日)22時より、セブ市が発行した全ての検疫パスが無効になるとの発表がありました。
これは、中央ビサヤの警察地域局長(PRO-7)のAlbert Ignatius Ferro氏によって承認されたとのことです。
また、この検疫パスの無効に伴い、本日(23日)22時以降の住民の移動はそれぞれのバランガイ内のみに限定されます。
JIN航空26日便の航空券をご購入の方へ日本人会よりトラベルパスを送付されます。
大変、混乱してきております。
トラベルパスを発行して、念には念を!!

6月29日(月)

Grab Carもセブ市のお隣マンダウエ市では稼働し始めました。
しかし、セブ市では依然厳しいトータルロックダウン。

フィリピンでは、コロナでなくても医者にかかれないなど、医療崩壊が起きている。

ドゥテルテ大統領は、7月1日から始まる新しいコミュニティ検疫プロトコルについて、本日発表される予定でしたが、明日6/30に発表されることになりました。

7月1日(水)

フィリピン政府は,7月1日から15日までのフィリピン各地におけるコミュニティ隔離措置を変更することを発表しました。
セブ市は、トータルロックダウンが7月15日まで延長です。
マンダウエ・ラプラプ市はGCQ継続です。

7月7日(火)

マニラ空港、7月8日(水)から再開へ。
新型コロナウィルス感染症の感染拡大のため、3か月間閉鎖していたが、8日(水)から国際線の運航を再開する。
各航空会社のターミナルの移転など混乱が予想されるので、利用される方は利用航空会社へ確認をしてください。

7月16日(木)

セブシティは、ECQからMECQになりました。
セブ島トータルロックダウン、現時点でおきていること! セブ島トータルロックダウン、現時点でおきていること!

↑こちらの記事に詳しく更新していきます。

日本人会、帰国チャーター便予約、問い合わせ先

セブ・日本人会
セブ・日本人会 - 「いいね!」2,108件 · 27人が話題にしています - フィリピン共和国セブ州セブ市にある日本人会のフェイスブックページです!

 

セブ島、完全外出禁止 検問所設置完了

各家庭一人だけ買い物の許可が出ます。
許可証必須→バランガイ(役場)等で各家庭買い物に行くための人、一人の許可証が発行されそれを持って買い物に行く。

【ロックダウン】セブ島異常事態発生!24時間外出禁止発令|検問所設置完了。街が大パニックスーパー大パニック 外出ID取得

営業が許可されている業種

  • 病院
  • 薬局
  • 食料品店
  • カーゴ、コンテナ
  • 水道、電気
  • 葬儀屋
  • 医療品などの製造業
  • 食料や水の配送業
  • テイクアウトの飲食業
  • 食品加工
  • スーパーマーケット
  • ミネラルウォーター販売
  • 獣医
  • ペットのフード店
  • 銀行、
  • 換金所←私が知ってる限りほとんどやっていません
  • ホームセンター
  • 農業従事者
  • ランドリーショップ

 

セブに入国はできるの?

  • 入国は、可能ですがオススメしません。
    飛行機を降りたときから検疫など大変厳しくなっております。
  • 特別な用がない限りの入国は、いまの時点ではリスクしかありません。

本日、3月17日のフィリピン航空の発表によりますと、3月21〜4月14日までセブ〜日本便全便キャンセルになりました。
よって、ダイレクトセブにこれる便は、無くなりました。

セブの感染者はどのくらい? セブ島コロナウイルス初感染者。

  • 公式の発表では今の所セブ島では、感染者が出ていません。
    今後、情報が入り次第追記いたします。
  • ついにセブ島でも感染者が出ました。
    65歳の男性だそうです。

The patient is a 65-year-old male, and the 188th confirmed case of COVID-19 in the country.

The number of confirmed cases in the Philippines is now at 193.

Health authorities are still verifying his nationality, recent travel history, and place of residence as of this posting. / dcb

Read more: https://cebudailynews.inquirer.net/295182/first-confirmed-covid-19-case-in-cebu-is-in-mandaue-city#ixzz6H30s0dDk
Follow us: @inquirerdotnet on Twitter | inquirerdotnet on Facebook

引用 CNS

 

セブパシ・PAL 国際線の運航状況 欠航は? 飛行機は飛んでるの?

  • 国際線への制限は、今の所発表されていませんが、セブパシフィックが2020年3月15~28日のセブ→成田間運休を発表しています。セブパシフィック日本便運休情報
    セブパシフィックのフライト検索画面では、4月14日まで成田⇄セブ島、ノーフライトとなっています。
  • セブから日本への帰国手段は、現在フィリピン航空のみです。

本日、3月17日のフィリピン航空の発表によりますと、3月21〜4月14日までセブ〜日本便全便キャンセルになりました。

*3月20日まで運行していますが、満席との情報です。

  • 日本人会より留学生、在移住者へ臨時便が出ました。
  • 3月17日以降に海外からセブのマクタン空港に入域するすべての人が対象で隔離措置があります。
    外国人:自費で指定された検疫施設で強制検疫を受ける
    フィリピン人:自宅隔離(14日間)

*フィリピン航空、セブパシフィックともに4月30日まで運休です。

現地の小、中学校、語学学校の様子

  • 感染が広がるとの判断で3月15日から28日までセブ島の全ての学校、小中高だけでなく語学学校閉鎖になりました。
  • 現在も授業を行なっている学校があるようですが、政府機関が2週間の学校閉鎖を決定しています。
  • CIS(セブインターナショナルスクール)は、オンラインで授業をしているようです。
  • 20日現在、政府からの要請がありオンライン授業をやることで、インターネット環境がない生徒が外出する、又は不公平ということで、現在はストップがかかった状態です。

ショッピングモールや飲食店の様子

セブ島、セブ島、完全ロックダウン。現在の状況。検問所設置。マンダウエ、ラプラプシティ、タリサイも。

  • SM、アヤラモールは、19時閉店です。モールに入る際は、一人ずつ検温チェックをします。徹底しています。→現在は、スーパー、ドラッグストア以外はやっていません。
  • 飲食店は、21時閉店です。→現在はデリバリーのみとなっています。
  • ITパークのナイトマーケットスグボメルカドもやっていません。
  • 映画や闘鶏場やジムなど人が集まり感染のリスクが高まる施設も営業禁止としました。 

現在のスーパーマーケットの様子です。
パスタ、インスタントラーメン缶詰、アルコール消毒、トイレットペーパー、生理用品等がなくなっています。
セブは、島なので周りは海に囲まれています。他の地域へ行くための船や飛行機が相次いで運休となったこともあり、パニックになり爆買いに拍車がかかっているようです。


*スターバックスでは、お客さんが入るたび扉の取っ手部分の消毒をしていました。

*セブシティITパークのadidasでは、政府からの要請で臨時休業です。

現在スーパーのみ営業しています。

スーパーに入るまで長蛇の列です。
感染の危険があります。食料が十分な場合控えましょう。
マスクを忘れないように。

ID配布が間に合っていないので、シティではIDがなくてもまだ買い物に出られます。

会社、オフィスビル、コンドミニアムの様子

 

  • 現地の日本企業、フィリピン企業は、新型コロナウィルスの対策措置の発表を受け、テレワークやシフト勤務に切り替えたり等しています。
  • オフィスビルやコンドミニアムでは、エレベータのボタン部分にフィルムを貼って消毒しやすくしたり、エレベーター内には、最大6人までという張り紙を貼って感染を防止に努めています。
  • ソーシャルディスタンスといって人と人との距離を取ることを義務付けられています。

セブ島、完全封鎖、ロックダウン、検問所、消毒液

友人の住むコンドミニアムでは、靴の裏の消毒まで徹底的にやっています。

語学学校は返金してくれるの?

  • これは渡航前と渡航後でだいぶ異なって来ます。
    渡航前であるならば、返金が可能なところが多いです。
    しかし、現地に入ってからの返金は、どの学校も難しそうです。
  • 返金ではなくオンライン授業で対応や次回使えるクーポンなどとしている学校が多いですね。
  • 今回のコロナの影響は語学学校に大打撃を与えました。どの学校も大赤字です。
    コロナで来れなくなっても返金保障などとPRしてとりあえずお金を払わせようとしている語学学校もあります。
    倒産などの可能性もあります。今は、キャンペーン等でお得に感じますがしっかりと確認してください。
    マニラがロックダウンした後もセブは大丈夫です!と言って生徒を送り込んだ語学学校もあります。今は、毎日情報、状況が変わります。
    語学留学を予約している方は、学校等の倒産に気をつけてください。

セブの治安はどうなの?悪化するの?

  • 人の行き来をストップするとお金が回らなくなり今後、様々な職種から給料未払いとなって行くことでしょう。その結果、治安は悪くなることが予想されます。
  • 営業できなくなった会社はなんの保証もない低賃金の日雇い労働者から解雇します。そういう方々は、食べて行くのがやっとなので、犯罪を犯してお金を得ないと生活できなくなってしまいます。
  • 治安悪化の対策でATMにほぼお金は、入っていません。
  • セブの治安は、確実に悪化します。スリや強盗が増えます。
    学生の皆さんは、できるだけ一人にならず安全第一で行動してください。
    領事館からの最新情報を確認してください。

まとめ

セブ島は、語学学校もたくさんあり日本からの留学生もたくさんきます。日本からだけでなく様々な国から外国人がたくさんきます。感染のリスクは、私個人的に日本より高いんじゃないかと思っています。

さらに、日本のように衛生環境、医療環境は整っていません。一度感染者が増えたら抑えることは、出来ないでしょう。現在病院では、隔離されている方、感染者多数いるとの報道もされ始めてきました。

5月のゴールデンウィークに留学する方、大変悩むと思いますが、今回のウイルスはこの先、誰も少しも予想できません。セブ島は、島なのでロックダウンになるとどうすることも出来ずに、予想外の大変な出費となる恐れがあります。インフラもしっかりしていない発展途上国です。

残念では、ありますが今回は確実に落ち着くまでセブへの渡航は控えたほうがいいと思います。

罹患された皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、1日も早く流行が終息することを願っております。

 

タイトルとURLをコピーしました